Fitbit Charge 4を買ってみました!【レビュー】

ブログ
白黒の画面

はじめに

世界の皆さんこんにちは!なんしらです。
今回はちょっとした好奇心から、「Fitbit Charge 4」を購入してみたのでまとめてみたいと思います!

What’s Fitbit Charge 4?

Fitbit Charge4は、昨今流行っているスマートウォッチのひとつで、Fitbit社から発売されております。(ちなみにFitbit社は最近Googleに買収されたみたいです。)
時計機能はもちろんですが、一日を通して装着することで心拍数、血中酸素、階段の上り下り、睡眠時間などを記録し続けてくれるスグレモノなのです!!
スマートウォッチは皆さんご存知かと思うので、これ以上の説明は割愛しますね。

今更スマートウォッチ?

と思われる方もいると思います。(^_^;)
知り合いが着けているのを何度か見てはいたのですが、私には縁がないものだと思っていました。
…が、最近は仕事が激務になり、生活がとても不安定になってきました。飲酒量も増えて睡眠時間もへり、このままではまずいのでは…😥
と思うようになったのです。。
一人暮らしをすると何が正しくて、何が間違ってるかということを客観的に判断するのはとても難しいです。そのため自分の一日の生活習慣を客観的に見直すべく、スマートウォッチという手段を取ってみました。


パッケージと開封したところ

なんでFitbitにしたの?

数あるスマートウォッチのなかで私が注目したのは、「APIが公開されており、データを活用したアプリケーションが作れる」ことでした。
「せっかく自分の身体データを取得したのに、メーカーが作った専用アプリでしか見れないなんていやだ!!色々活用したい!」
技術者なら誰しもが考えることでしょう。
そしてそれ方法は、当初はスマートウォッチを自作することしか思いつきませんでした。秋葉原にリンクしたデバイスが売っていたので、買って調べながら開発するかぁとも思いましたが、そもそも組み込みデバイスの開発経験はほぼ0なのであまりやる気はなかったです。。
そんな中、既製品のスマートウォッチの中でAPIが公開されていたのが、このFitbitでした!!(ほかにもあるかもだけど)
また、より新しいFitbit Charge 5が販売されている中で1世代前の4にした理由としては、”ビックカメラで値段が1万円くらい差があったこと”、”とりあえず心拍数が測れたらよいと思っていたこと”だったためです。まあ4を使ってみてこれからもずっと使い続けていけそうなら、5を買うのも検討してみます。

実際に使ってみた感想

今日一日中つけてみたんですが、まずとても軽量だということ!そのため、ほとんど腕に負担がかからないです!私は昔G-Shockをつけていたのですが、それとは比べ物にならないほど軽いです。
次に画面のUIについてですが、想像以上に便利に使えました!Charge 4は白黒の画面で、5からカラーになったようなのですが、購入前は白黒だとチープなんじゃないかなーと思っていたりしました。

白黒の画面

でも全然そんなことはなく、とてもきれいなディスプレイに驚きました。デバイスの中に様々なアプリが入っているのですが、各アプリのアニメーションもぬるぬる動いており、全然チープさはありませんでした。むしろ外観のデザインがスタイリッシュなおかげでかっちょいい!スーツに合う!
そしてこれはすべてのスマートウォッチに言えることかもしれませんが、長時間装着して記録したデータをグラフなどで確認するのはとても楽しい!!
Fitbitの場合は、アカウントを作成の上、スマホのアプリかWeb上でデータを確認できます。

今日一日で取得したデータの一部(Web上で確認)

例えば、夜に1日の心拍数グラフを見返して、「この時間帯は結構動いたな」「この時間にやってたあの作業の時は、結構心拍数上がっていたんだな」などと振り返ることができます。
ちなみに1日の食事の摂取カロリーや飲んだ水の量も記録できますが、これはさすがに手動入力となりますw

難点としては、少し操作に慣れが必要だったところです。画面を上下左右にスワイプさせて他メニューに移動するのですが、画面がとても小さいため、指を細かく動かす必要はありますw
また、画面を二回タップして画面を表示させたり、デバイス横側を押すことで前の画面に戻る、など、普段スマホでやらない操作なので、まだたまに操作を間違えることもあります。まあこれは小さいからがゆえのことなので仕方ない。。
そもそも身体データを取得することがメインのデバイスで、データの確認はスマホアプリですればよいだけの話なので、問題はないです!

さいごに

取りあえず1日使ってみた感想としては、

「全然腕につけている感覚ないのに、たくさんのデータが取得できていて感激!!」

この一言に尽きます。(画面の小ささ、操作のしにくさなんて気にならないくらい)

また、近いうちに先ほど述べたようなAPIを使用し、取得したデータをいろいろ活用してみたいと思っています!取りあえず、このサイト上に自分の1日の身体データグラフをアップロードしてみようと思いますw乞うご期待。

コメント